塗料の種類|関東総合住宅株式会社は横浜市を中心に住宅工事・リフォームを行っております。

関東総合住宅株式会社
屋根無料診断

塗料の種類

塗料選びのポイント

屋根や外壁の塗料に使用する塗料にはいろいろな種類が合って、グレードが上がれば価格も高くなり、断熱効果や遮熱効果などの特殊性能をもたせることもできます。
基本的には、グレードがアップするごとに耐年年数も10年、15年、20年などと数年単位で長くなりますが、5年しか住む予定がない家に20年も長持ちするハイグレードの塗料を使用する意味はなく、塗料を選択する際に最も大切なポイントは、あと何年家に住むかということです。
もちろんずっと同じ家に住み続ける場合は、最もグレードが高い耐用年数の長い塗料を選んだ方が、塗装の回数も減らすことができるのでお得なわけですが、当然予算が限られているケースもありますし、お子さんが大きくなって二世帯住宅に建て替えになるということなども考えられますので、家族間で良く話し合って、そのときの状況などにも合わせて、プロの意見も聞きながら、使用する塗料を決めましょう。

塗料のグレード

外壁塗装を行う場合は、特に塗料の色選びが重要になるわけですが、色だけではなく、塗料によって価格も耐用年数も性能も異なります。
塗料には種類も多いので、素人にとって使用する塗料を選択する作業はとても困難です。
プロの視点から、塗料の種類ごとの耐用年数や、それぞれの特徴を詳しく紹介します。

アクリル系塗料

耐用年数:約5〜7年
最近ではあまり使用されることはありませんが、圧倒的にコストを安く抑えられることから、今でも状況に合わせていろいろな現場で使用されています。
ただし、他の塗料と比較すると耐用年数も性能もかなり劣るため、それを承知した上で使用する必要があります。

ウレタン系塗料

耐用年数:約7〜10年
シリコン系塗料に比べると、耐用年数が短いですが、その分価格も抑えられて、密着性や塗装が簡単にできるなどのメリットもあるため、現在でも多くの現場で選択されている、万能な性能を誇る塗料です。

シリコン系塗料

耐用年数:約10〜15年
耐用年数や性能面でも優れている、現在最も選ばれている塗料です。
何と言ってもコストパフォーマンスの良さが際立っており、防汚性も高く、トップコートなどの塗料技術と組み合わせることにより、より高い耐久性をもたせることも可能です。

フッ素系塗料

耐用年数:約15年〜
耐用年数の長さでは他の塗料を圧倒していますが、コスト面の高さが大きなネックで、施工業者にとっても専門的な技術が必要なため、使用する場合は施行に慣れた業者選びも大事なポイントとなります。
ただし、今後は主流となっていくことが予想されます。

PageTop