火災保険の適用工事|関東総合住宅株式会社は横浜市を中心に住宅工事・リフォームを行っております。

関東総合住宅株式会社
屋根無料診断

火災保険の適用工事

火災保険が適応されるケース

火災保険のご加入者様の中には、詳しい保険の補償内容を把握されていない方も多いことだと思われます。
また、火災保険という名称から、火災にしか対応しない保険だと勘違いされている方もたくさんいらっしゃるようですが、火災保険でカバーされる災害には、「台風」「大雨」「大雪」など、様々な自然災害が含まれます。
もちろん、ご加入されている保険の種類によって補償内容は異なりますので、今一度詳しい内容をご確認されることをおすすめします。
台風でなくても、強風で屋根に飛来物がぶつかった場合に保険が適用になるケースや、突然雹(ひょう)が降ってきて、車庫の屋根がダメージを受けて、その修理代を保険でカバーできたという方もおられます。
さらに、災害に遭われた直後でなくても、ある程度時間が経過してから被害に気づいて、保険会社を呼んで確認してもらったら、修理代を丸々保険でカバーできたというケースも珍しくありません。
屋根の上など、自然災害で被害を受けたかもしれない場所を、ご自身で詳しく確認できないこともあると思いますが、弊社にご連絡いただければ、無料で気になる箇所を点検し、保険が適用になるかどうかの判断や、火災保険に関するご相談にも無料で対応させていただきます。

火災保険で屋根修理をする手順

あなた
  • 保険会社ではなく、修理専門業者に調査を依頼する
  • 保険会社へ連絡する前に、火災保険に詳しい修理専門業者をネットなどで見つけて、災害のダメージを詳しく調査してもらいましょう。
業者
  • 屋根を調査する
  • 修理にかかる費用によっても、保険の適用になるかが変わってきます。保険対象になる事案だと確認できから、保険会社に連絡を入れて、必要書類を発送してもらいます。
業者
  • 保険請求書類(調査報告書・見積書)を作成し送付する
  • 修理に関する調査報告書と見積書作成後、依頼者へ必要書類を発送します。
あなた
  • 保険請求書類をもとに、保険会社へ報告する。
  • 保険請求に必要な書類を受け取ったら、それをもとに被災状況を保険会社、もしくは保険代理店へ連絡します。
あなた
  • 保険請求書類を保険会社に提出する
  • 指定された方法で、保険請求書類を保険会社に渡します。このとき、被災箇所を撮影した写真があることが好ましいです。
保険会社
  • 保険会社の鑑定人による屋根調査
  • 保険の請求を受けて、保険会社は調査の依頼を一般社団法人の鑑定会社に委託します。現場を損害保険鑑定人が調査して、風災と認められれば保険補償が受けとれることが決定されます。
保険会社
  • 被災額の査定後、保険金額を決定する
  • 修理業者の見積書と、保険金額の差額が明確になって、見積金額と同じかそれ以上の保険金が出ることが分かると、無料で被災箇所の修理ができることになります。調査の結果は、通常7〜10日程度で出されます。
保険会社
  • 保険金の支払い
  • 決定された保険金が、指定の銀行口座に振り込みされます。
業者
  • 破損箇所の修理施工を行う
  • 保険金の支払いが確認できたら、修理工事が開始されます。

PageTop